読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最終戦・フランス

たとえ相手がすでに五輪を決めた段階でのモチベーションかつ控え中心だろうが、最後の最後で勝てたこと、それはやっぱり嬉しい(;;)しかも、柳田さんスタメンで、チームトップの活躍。痛みを抑えての強行出場って何度も言われてて、心配ではあったけど、本人が監督に強く「行けます」って言ったって、そしてプレーでも、序盤から常に手挙げてアピールしてめっちゃトス呼んでて。前衛でも、バックでも、大事なところで決めてくれてた(;;)ディグも頑張ってた(;;)最終的にチームトップの得点で、最後のインタビューも聞けた。イラン戦の怪我があったり、中国戦サーブがほんとに入らなかったり、色んなことがあったけど、石川祐希を欠く中、ほんとに頼もしく点取ってて、最後の最後に、この姿が見られて嬉しかったな。

彼は今後どんなバレー人生を歩んでいくんだろう。4年後東京の年は27歳か。チームの中心となるような歳だろうか。どんな4年間になるんだろう。しっかり、見届けていきたいな。